モノクロだった彼の四六時中

異才少年ピアニストの有馬公生は幼い頃からありとあらゆるコンテストで優勝を通じていた。

そういう異才少年における分かれ道が訪ねる。それは突然の奥様の死。

それが契機に有馬はピアノを弾かなくなってしまった……。

奥様の死から数年。桜之花びら舞いちるピークに有馬は1人の女児と出会うことにより、もう一度ピアノの国家へって通うことになる。

モノクロだった彼の四六時中が、雑最悪の異才ヴァイオリニストとの女児宮園との出会いを通じて、カラフルな国家へって変わっていく。

但し、ピアノを弾かなかった四六時中が長かった結果、おもうままにピアノを弾くことができない。その果実、自分の響きを訊くことができない有馬。

宮園にヴァイオリンの伴奏を依頼されるが、難点を到達できないとおり戦いを迎えることになる――。

両方は安心、BGMコンクールので曲を奏でることができるのか!

BGMに、青春に真摯に立ち向かう二人の様相や。成長した昔の相手方たちとの出会いが有馬を人間としてもピアニストとしても成長させて出向く。

ピアノのことを知るユーザーも、知らないユーザーも濃いBGMの国家を楽しむマンガとしても、青春マンガとしても味わえる1冊。

興味があるユーザーはぜひ手にとって読んでみては如何だろうか?